Yoichi Ochiai

ブラウン管とコンクリ

Media Art, Installation

2019

ブラウン管とコンクリ brown-tube-and-concrete-kv-pc

CRT and Concrete

Created By
Yoichi Ochiai

質量を持つメディア装置は壊れる.

質量を持つメディア装置は壊れる.ブラウン管に感じるノスタルジアはナムジュンパイクの時代にあったビデオアートの先駆性と異なっている.我々が今ブラウン管にみる質量性は液晶やLED や有機ELの時代から見た価値観に基づいている.テクノロジーは変わる.メディアアートの時代性は時代によってそのテクノロジーの風化を伴うエイジングをする.しかしデジタルデータはどうだろうか.もちろん処理能力が上がればより高精細に見えるようなアルゴリズムもあるかもしれない.しかし解像度の足らない画像データから見えるのはノスタル
ジアだろうか,それともエイジングだろうか.

Physical media device will break.

Physical media device will break. Nostalgia felt on a CRT is different from the pioneer of video art that was in the age of Nam Jung Pike. The mass property we see now in a cathode-ray tube is based on values ​​seen from the times of liquid crystal, LED and organic EL. Technology changes. The age of media art is aging with the weathering of its technology depending on the times. But what about digital data? Of course, there may be some algorithms that look more refined if the processing power goes up. But what can be seen from image data with insufficient resolution is nostalgia or aging?

Contact

ブラウン管とコンクリへのお問い合わせは、当サイトのContactページのフォームよりお問い合わせください。

For inquiries to CRT and Concrete, please use the form on the Contact page of this site.