Yoichi Ochiai

-

物化 :

Transformation of Material Things

Artist Statement

メディアアーティストとして、トランスフォーメーション、物化、変換、東洋的な風景美や哲学などテーマに、写真技術やコンピューターなどのメディア装置を使って表現活動をしています。根底に流れる考え方は華厳的な思想、中国から始まり朝鮮半島を経由して日本でも熟成されていったアジアの共通的な考え方だと考えています。

僕のやっているメディアアートという分野は、何らかの発明や車輪の再発明を通じて、メディア装置それ自体とそこから見えるものをどのように表現していくかということを考えていく芸術ジャンルだ考えています。その中でも今後は、「ポスト工業社会における自然の中での芸術」としてのメディアアートがテーマになると思います。ハードウェアとしてのメディア装置の生産はアジアの中でもともと日本が力を持っていた分野ではありますが、現在その生産地域は中国・韓国をはじめとしてアジア全体へと移りつつあります。そういった観点では、媒体を巧みに操るメディア芸術の思想性はアジアの文脈の中に流れているものであると考えています。その観点でもアジアから派生した新しい芸術として、いろいろな国の方に伝えていければと思います。

普段から海外に行くことが多く、これまでに海外で展覧会なども開催してきました。香港は小さい頃からよく訪れている大好きな土地の一つです。2000年代を迎え、電飾の看板がLEDに変わり、色温度が変わった街の風景に新しさと懐かしさともの悲しさを感じています。

ポストコロナ時代のメディアアートは非常に脆弱で、特に実体験を3次元空間に直接インスタレーションするようなことは体験しがたいことになっています。それをどのような形で実現できるかを含めて思考を続ける中、今回、日本の文化交流使として展覧会を行わせていただくことになりました。設営で現地に行けないのは初めての試みになりますが、心はデジタルに変換されて、いつでもつながっています。
皆様のご来場お待ちしております。

As a media artist, I am exploring themes such as transformation, materialization, oriental landscape beauty and philosophy, using media devices such as photography and computers. I believe that the fundamental idea that flows through my work is the Kegon philosophy, a common Asian way of thinking that started in China and matured in Japan via the Korean Peninsula.

The field of media art that I am involved in is an artistic field that considers how to represent the media device itself and what can be seen from the media device through some kind of invention or reinvention of the wheel. In this context, I believe that media art as " Art in Nature in a Post-Industrial Society" will be a theme in the future. The production of media devices as hardware was originally a field in which Japan had a strong presence in Asia, but now the production area is shifting to China, Korea and the rest of Asia. From this perspective, I believe that the ideology of media art, which skillfully manipulates media, flows within the context of Asia. From this perspective, I would like to convey this new art form derived from Asia to people in various countries.

I often go abroad and have held exhibitions overseas. Hong Kong has been one of my favorite places to visit since I was a little boy, and with the advent of the 2000s, I feel a sense of newness, nostalgia, and sadness in the city landscape where electric signs have been replaced by LEDs and the color temperature has changed.

Media art in the post-Corona era is very fragile, especially when it comes to installing real experiences directly in three-dimensional space, which makes it hard to experience. As I continue to think about this, including how I can realize it, I have decided to hold an exhibition as Japan's Cultural envoy. This will be the first time that I will not be able to go to the site to set up, but my mind has been converted to digital and we are always connected.
I look forward to seeing you.

Date
-
Time
10:00 - 18:00
Artist
Yoichi Ochiai
Planning and Production
Emohaus. Inc.
Venue
Experimental Gallery, 3/F, Hong Kong Arts Centre
Price
Free Admission
Web Site
https://hkac.org.hk/calendar_detail/?u=80hCAI4Vyhc

Images

展示イメージ1

Image

展示イメージ2

Image

展示イメージ3

Image

展示イメージ4

Image

展示イメージ5

Image

展示イメージ6