物化するいのちの森 | Art | 落合陽一公式ページ / Yoichi Ochiai Official Portfolio      
Yoichi Ochiai

物化するいのちの森

Mixed Media

2021

物化するいのちの森のキービジュアル 物化するいのちの森のキービジュアル

物化するいのちの森

落合陽一《物化するいのちの森 – 計算機と自然-》2021年/ 醍醐寺の展示風景/
CGIアニメーター
小村井万友奈、鈴木優貴

"醍醐寺の森の一部が台風で無くなったと聞く。

かつて森であった空間を見渡すとその広さに、ヒトの預かり知らない自然のサイクルはヒトの人生よりも大きなプロセスで動いていることを実感する。
かつてあった森への憧憬は、それぞれの記憶への憧憬だろう。
物化する万物の流れは、止めどなく淀みなく常に進行していて、万物には万物が、流れには流れが、可視化・可感覚化されるかに関わらずそれぞれの静的/動的なプロセスが動き続けていることは、質量のあるものが壊れ、質量のないものは忘れられていくことを思い出させてくれる。
ここに質量のない森を作る。かつて社会彫刻の一つとして質量ある森が作られたこともあった。質量のない森はどうだろう。ヒトが調停すべきは質量のない記憶への憧憬を質量ある自然の風景と融和させていくことなのかもしれない。
質量のない森をヒトが鑑賞する。データの森は物質の森より早く成長する。創作されたデータはNFTのような付随的な価値を持ち、ヒトを動かし、やがて物質の森を回復させる。
そうした循環の中に、物化する計算機自然を感じている。
その新しい自然を眺めてみれば、鳥の声、人の心、空に浮かぶ雲、流れる水、未だ質量のない森、そしてかつてあった質量のある森にいたるまで、すべてがデータと物質の循環につながっている。
ヒトの質量への憧憬が質量のない森を作り、質量を促し、循環していく。"

The transformation of material things into a living forest

I heard that a part of the forest in Daigoji Temple was lost in a typhoon. When I look around the space that used to be a forest, the vastness of it reminds me that the cycle of nature, which we are unaware of, is driven by processes larger than our own lives.
The longing for the forest that once existed must be a longing for our own memories.
The flow of all things transforming into material things is unstoppable, stagnant, and always in progress, everything to everything, flow to flow, and each static/dynamic process continues to be driven regardless of whether it is rendered visible or sensible, reminding us that things with material things are broken and things without material things are forgotten.
I will create a massless forest here. In the past, a forest with matter was created as a form of social sculpture. What about a forest without matter? Perhaps what we need to do is to harmonize our longing for immaterial memories with the immaterial landscape of nature.
Humans can observe a virtually immaterial forest. A forest of data grows faster than a forest of matter. The created data will have supplementary values such as NFT, which will drive people and finally restore the material forest.
It is in this cycle that I sense a materialization of a digital nature.
If we look at this new nature, we can feel the voices of birds, the hearts of people, the clouds in the sky, the water flowing, the forest that still has no substance, and even the forest that once had substance, all connected to the circulation of data and matter.
Our longing for materiality creates a virtually immaterial forest, which in turn stimulates materiality and circulation.

物化するいのちの森

Contact

物化するいのちの森へのお問い合わせは、当サイトのContactページのフォームよりお問い合わせください。

For inquiries about The transformation of material things into a living forest, please contact us from Contact on this site.