Yoichi Ochiai

借景,波の物象化

Mixed Media

2018

silver floats silver floats

Borrowed Scenery and Materialized Waves

Created By:
Yoichi Ochiai

鏡の形はそれ自体にテクスチャを持たず,波のように光景を風景に変換する.風景の中にある波が好きだ.時間が物理量に変換される過程を眺めることそこに漂うこと,世界との接続を感じる一瞬をずっと留めていたい.

落合陽一は新しいテクノロジーと素材を使う。しかしそのテクノロジーはアナログからデジタルまで、つまり古いものから新しいものまで多種多様である。ある作品ではシャボン玉に蝶々が羽ばたく。別の作品では「音」を素材とし、プラズマと戯れ、幻影を浮かび上がらせる。今回出品された作品は回転する彫刻である。この彫刻は浮かんでいて、重さを感じさせない。ある種のマジックである。彼が現代の魔術師とよばれているのも、むべなるかなである。
 重力はいつも表現の敵である。物質は重力に打ち勝とうとする。落合の試みもそれを思い出させる。テクノロジーを用いて非重力、見えないエネルギーを現出させる。ここにアートとテクノロジーの出会いがある。素材は技術と出会って、アートとなる。
 今回のインスタレーションの背景に使われているカーボンファイバーの黒い布も現代のテクノロジーの成果である。

Borrowed Scenery and Materialized Waves

Yoichi Ochiai is a champion of new materials and technologies. But the technologies he uses are varied and diverse—both analog and digital, old and new. In one of his works, a butterfly flaps its wings inside a soap bubble. In another, he uses sound as his material, playing with plasma to create holograms. For this exhibition, Ochiai presents a rotating sculpture suspended weightless in mid-air like some kind of magic trick. It is exactly this kind of work that has earned him a reputation as a modern-day magician.
Ochiai reminds us that gravity is the perennial enemy of artistic expression, yet matter tries to overcome it. He uses technology to manifest an invisible, non-gravitational energy, bringing together art and technology. When material meets technology, art is born.
The black carbon fiber cloth used in the background of this installation is also the result of advances in modern technology.

silver floats

Contact

借景,波の物象化へのお問い合わせは、当サイトのContactページのフォームよりお問い合わせください。

For inquiries about Borrowed Scenery and Materialized Waves, please use the form on the Contact page of this site.